気分安定薬の分類とその特徴について(作用と効果・副作用2) | 豊中市 千里中央駅直結の心療内科「杉浦こころのクリニック」

待ち時間の少ない院内処方精神障害に対する薬物療法の意義と役割について

ホーム > 医院紹介 > 精神障害に対する薬物療法の意義と役割について

気分安定薬の分類とその特徴について

気分安定薬(一部非定型抗精神病薬を含む)の作用と効果・副作用 2

II. 非定型抗精神病薬

非定型抗精神病薬は、統合失調症の治療などに用いられている薬ですが、双極性障害の躁状態の治療にも効果を発揮します。気分安定薬と併用されることが一般的です。現在のところ、わが国で保険適用になっているのはオランザピンとアリピプラゾールの2種類です。左側は一般名で、()内は商品名です。処方時には()内の商品名が使用されることが多いです。
オランザピン(ジプレキサ)
作用と効果
脳内の神経伝達物質の受容体に作用して、そのバランスを整えます。幻覚・妄想などの症状、ならびに強い不安感やイライラする症状を改善して、気分を安定させます。
また、双極性障害における、抑えることのできない感情の高まりや行動などの躁症状や、憂うつな気分などのうつ症状を改善します。
副作用
体重増加、傾眠、不眠、便秘、アカシジア(じっとしていられない)、食欲亢進、トリグリセリド上昇、口渇、倦怠感などが起きることがあります。また、まれに下記のような症状があらわれることがあり、それは【】のような副作用の初期症状かもしれません。このような症状に気づいたら、使用をやめて、すぐに医師の診察を受けてください。
  • 口が渇く、よく水を飲む、尿が多く出る【高血糖、糖尿病性ケトアシドーシス、糖尿病性昏睡】
  • 脱力感、倦怠感、冷汗【低血糖】
  • 動かずだまっている、筋肉のこわばり、急激な発熱、脈が早くなる【悪性症候群】
  • 脱力感、筋肉の痛み、赤褐色尿【横紋筋融解症】
  • 発熱、咽頭痛、筋肉痛【無顆粒球症、白血球減少】
アリピプラゾーノレ(エピリファイ)
作用と効果
双極性障害における躁症状の改善に効果があります。統合失調症の治療にも使用されます。
副作用
主な副作用として、不眠、神経過敏、アカシジア(じっとしていられない)、振戦(手足の震え)、不安、体重減少、筋強剛、食欲不振、傾眠、寡動(表情の動きが少ない)、流延(よだれが出る)、体重増加、吐き気、嘔吐、ジストニア(筋緊張異常)などが起きることがあります。このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。また、まれに下記のような症状があらわれることがあり、それは以下の【】のような副作用の初期症状かもしれません。このような症状に気づいたら、使用をやめて、すぐに医師の診察を受けてください。
  • 口が渇く、よく水を飲む、尿が多く出る【糖尿病性ケトアシドーシス、糖尿病性昏睡】
  • 動かずだまっている、筋肉のこわばり、急激な発熱、脈が早くなる【悪性症候群】
  • 舌を動かしたり、出し入れしたり、絶えず噛むような口の動き【遅発性ジスキネジア】
  • 吐き気・嘔吐、便がでない、激しい腹痛【麻痺性イレウス】
  • 脱力感、筋肉の痛み、赤褐色尿【横紋筋融解症】

ページトップに戻る

レスポンシブウェブデザイン