気分安定薬の分類とその特徴について(作用と効果・副作用1) | 豊中市 千里中央駅直結の心療内科「杉浦こころのクリニック」

待ち時間の少ない院内処方精神障害に対する薬物療法の意義と役割について

ホーム > 医院紹介 > 精神障害に対する薬物療法の意義と役割について

気分安定薬の分類とその特徴について

気分安定薬(一部非定型抗精神病薬を含む)の作用と効果・副作用 1

I.気分安定薬

気分安定薬は、躁状態とうつ状態の治療と予防に効果のある薬で、双極性障害薬物治療の基本となる薬です。現在、日本では気分安定薬と呼ばれているものには、炭酸リチウム(Li)、カルバマゼピン(CBZ)、バルプロ酸ナトリウム(VPA)、ラモトリギンがあり、使用されています。左側は一般名で、()は商品名です。処方時には()内の商品名が使用されることが多いです。

炭酸リチウム(Li) (リーマス)
作用と効果
中枢神経に作用し、抑えることのできない感情の高まりや行動を抑えます。通常、躁病や双極性障害(躁うつ病)の躁状態に用いられます。
副作用
主な副作用として、手足の震え、のどが渇く、下痢、尿量の減少などが報告されています。このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。また、まれに下記のような症状があらわれることがあり、それは以下の【】のような副作用の初期症状かもしれません。このような症状に気づいたら、使用をやめて、すぐに医師の診察を受けてください。
  • 手足の震え、幅吐、意識がぼんやりして睡眠に近い状態【リチウム中毒】
  • 動かずだまっている、筋肉のこわばり、急激な発熱、脈が早くなる【悪性症候群】
  • 息切れ、めまい、疲れやすい【徐脈】
  • 多飲・多尿、全身倦怠感、のどの渇き【腎性尿崩症】
  • 意識がうすれる、考えがまとまらない、判断力が低下する【認知症様症状、意識障害】
カノレパマゼピン(CBZ) (テグレトール)
作用と効果
脳内の神経の過剰な興奮をしずめて、てんかん発作を抑えます。また、鎮静作用などにより過剰な気分の高まりを抑えます。顔面の三叉(さんさ)神経の異常な興奮を抑え、三叉神経痛の発作を軽減します。通常、てんかん、双極性障害(躁うつ病)などの躁状態、三叉神経痛などの治療に用いられます。
副作用
主な副作用として、眠気、めまい、ふらつき、倦怠・易疲労感、運動失調(運動の調子が狂った状態)、脱力感、発疹、頭痛・頭重、立ちくらみ、口渇(喉が渇く)、血管浮腫(顔、舌、喉の腫れ)、かゆみなどが報告されています。このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。
また、まれに下記のような症状があらわれることがあり、それは以下の【】のような副作用の初期症状かもしれません。このような症状に気づいたら、使用をやめて、すぐに医師の診察を受けてください。
  • のどの痛み、出血傾向、貧血症状【再生不良性貧血、無顆粒球症などの血液障害】
  • 発熱、皮膚の発疹・水疱、眼の充血や唇・口内のあれ【皮膚粘膜眼症候群、中毒性表皮壊死症、紅皮症】
  • 発熱、発疹、リンパ節の腫れ、顔面浮腫【過敏症症候群】
  • 食欲不振、全身倦怠感、白目や皮膚が黄色くなる【肝機能障害、黄疸】
  • めまい、失神、徐脈【房室ブロック、洞機能不全】
バルプロ酸ナトリウム(VPA) (デパケン(R)、バレリン)
作用と効果
脳内の抑制性神経伝達物質γ-アミノ酪酸(GABA)濃度を上昇させるほか、ドーパミン濃度を上昇、セロトニン代謝を促進し、脳内の抑制系を活性化させ抗てんかん作用を示します。また、GABA神経伝達促進作用が抗躁作用へ寄与していると考えられています。躁病および双極性障害(躁うつ病)の躁状態のほか、各種てんかん、てんかんに伴う性格行動障害(不機嫌・易怒性など)の治療に用いられます。
副作用
主な副作用として、傾眠、失調・ふらつき、吐き気・嘔吐、食欲不振、胃腸障害、全身倦怠感などが報告されています。このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。また、まれに下記のような症状があらわれることがあり、それは以下の【】のような副作用の初期症状かもしれません。このような症状に気づいたら、使用をやめて、すぐに医師の診察を受けてください。
  • 全身がだるく食欲がない、吐き気、皮膚や白目が黄色くなる【劇症肝炎などの肝障害】
  • 全身がだるく食欲がない、傾眠傾向、ふらつき【高アンモニア血症を伴う意識障害】
  • 全身がだるい、めまい、あざ【溶血性貧血、赤芽球癖、汎血球減少、血小板減少、顆粒球減少】
  • 激しい腹痛、発熱、吐き気【急性膵炎】
  • 発熱、全身がだるく食欲がない、発疹、眼の充血や唇・口内のあれ・陰部のびらん【皮膚粘膜眼症候群、中毒性表皮壊死融解症】
ラモトリギン(ラミクターノレ)
作用と効果
双極性障害での抑うつ状態や躁状態の再発の抑制に用いられます。
副作用
主な副作用として、傾眠(意識がぼんやりする)、めまい、発疹などが報告されています。このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。また、まれに下記のような症状があらわれることがあり、それは以下の【】のような副作用の初期症状かもしれません。このような症状に気づいたら、使用をやめてすぐに医師の診察を受けてください。
  • 発熱、眼の充血、口唇・口腔粘膜・陰部のびらん【皮膚粘膜眼症候群、中毒性表皮壊 死症】
  • 発疹、発熱、顔面浮腫【過敏症症候群】
  • 貧血症状、発熱、のどの痛み【再生不良性貧血、汎血球減少、無顆粒球症】
  • 全身倦怠感、食欲不振、皮膚や白日が黄色くなる【肝炎、肝機能障害、黄疸】
  • 首の硬直、発熱・頭痛、吐き気・嘔吐【無菌性髄膜炎】

ページトップに戻る

レスポンシブウェブデザイン