抗精神病薬の分類とその特徴について | 豊中市 千里中央駅直結の心療内科「杉浦こころのクリニック」

待ち時間の少ない院内処方精神障害に対する薬物療法の意義と役割について

ホーム > 医院紹介 > 精神障害に対する薬物療法の意義と役割について

抗精神病薬の分類とその特徴について

そこにないものが見えたり、聞こえるはずのない声が聞こえてくる幻覚・幻聴。誰も見ていないのに、誰かに見張られていると思い込んでしまう妄想。さらには、自分を見失っているほどの激しい興奮状態...このように現実と非現実の境が不明確になってしまったとき、本来の自分を取り戻すために、抗精神病薬が必要となります。

抗精神病薬の作用機序、種類、副作用の基礎知識を詳しく解説します。

抗精神病薬の作用機序・種類

抗精神病薬の作用機序での主要物質はドーパミンです。ドーパミンは、日常的な快感を感じた時に脳内に分泌される脳内神経伝達物質。統合失調症の急性期のように現実認識が低下し、幻覚、妄想が生じている状態になると、ドーパミン系ニューロンの活動異常が生じてしまうため、抗精神病薬でこれに対処します。

抗精神病薬の主な薬理作用は、ドーパミン系ニューロンの病的活動を抑制すること。脳内のドーパミン・レセプターをブロックし、神経伝達の流れを止めます。現在主流の抗精神病薬にはドーパミン系以外にも、セロトニン系ニューロンなどに作用するものがあり、意欲や気力の低下など、統合失調症の急性期を過ぎた後、出現しやすい症状に対しても効果があります。

抗精神病薬は、「定型抗精神病薬」と「非定型抗精神病薬」の2種類。「定型抗精神病薬」は、第一世代の薬物群。それ以降に開発された薬物群が「非定型抗精神病薬」で、現在はこちらが主流の治療薬になっています。治療薬は世代を経るごとに、脳内のターゲットによりピンポイントで作用するため、高い治療効果が得られると共に、副作用は少なくなります。

抗精神病薬の副作用

抗精神病薬の副作用は、治療薬がターゲット以外の神経系に作用してしまうために生じます。抗精神病薬の代表的な副作用は以下のとおりです。

  • 日中の眠気
  • 口が渇く
  • 起立性低血圧
  • めまい
  • 便秘・排尿障害
  • 不整脈
  • 性機能低下
  • 高血糖
  • 体重増加

一般的には、新しい薬であればあるほど、副作用は少なくなります。例えば、第一世代の抗精神病薬で出現しやすい錐体外路症状(EPS) と呼ばれるパーキンソン病様症状は、第二世代以降では、出現頻度が大きく減少します。

しかし、副作用の発現には個人的要因(投与量・投与期間・基礎疾患の有無・治療薬への感受性・他の薬物の有無など)が複雑に影響します。個人差が大きく、頻度は少ないのですが、悪性症候群など重篤な副作用が出現することもあるので、注意が必要です。

ページトップに戻る

レスポンシブウェブデザイン