抗精神病薬の分類とその特徴について(主な抗精神病薬一覧) | 豊中市 千里中央駅直結の心療内科「杉浦こころのクリニック」

待ち時間の少ない院内処方精神障害に対する薬物療法の意義と役割について

ホーム > 医院紹介 > 精神障害に対する薬物療法の意義と役割について

抗精神病薬の分類とその特徴について

主な抗精神病薬一覧

左側は一般名で、()内は商品名です。処方時には()内の商品名が使用されることが多いです。

フェノチアジン系抗精神病薬(定型抗精神病薬)
クロルプロマジン塩酸塩(ウインタミン、コントミン)
クロルプロマジン塩酸塩・プロメタジン塩酸塩・フェノバルビタール配合(ベゲタミン-A、ベゲタミン-B)
レボメプロマジン(ヒルナミン、レボトミン)
フルフェナジン(フルメジン、フルデカシン)
ペルフェナジン(ピーゼットシ一、トリラホン)
プロクロルペラジン(ノバミン)
トリフロペラジンマレイン酸塩(トリフロペラジン)
プロペリシアジン(ニューレプチル)
ブチロフェノン系抗精神病薬(定型抗精神病薬)
ハロペリドール(セレネース)
ハロペリドールデカン酸エステル(ハロマンス、ネオペリドール)
ブロムペリドール(インプロメン)
ピパンペロン塩酸塩(プロピタン)
スピペロン(スピロピタン)
モペロン塩酸塩(ルバトレン)
チミペロン(トロペロン)
ベンザミド系抗精神病薬(定型抗精神病薬)
スルピリド(ドグマチール、アビリット、ミラドール)
スルトプリド塩酸塩(バルネチール)
チアプリド塩酸塩(グラマリール)
ネモナプリド(エミレース)
セロトニン・ドーパミン遮断薬(非定型抗精神病薬の一つで、ドーパミンだけでなく、セロトニン系のニューロンの情報伝達をブロックすることで、幻覚妄想を抑え、かつEPSの出現が減少します)
リスペリドン(リスパダール、リスパダールコンスタ)
ペロスピロン塩酸塩水和物(ルーラン)
ブロナンセリン(ロナセン)
多元受容体作用抗精神病薬(非定型抗精神病薬の一つで、ドーパミン、セロトニン以外にもヒスタミン、コリン、アドレナリン系のニューロンに作用することで、EPS減少のみならず、抗うつ効果などもあります)
オランザピン(ジプレキサ、ジプレキサザイディス)
クエチアピンフマル酸塩(セロクエル)
クロザピン(クロザリル)
ドーパミン受容体部分作動薬(非定型抗精神病薬の一つで、ドーパミン受容体の一部に作用することで、EPSの出現を抑えます)
アリピプラゾール(エビリファイ)

ページトップに戻る

レスポンシブウェブデザイン