睡眠薬の分類とその特徴について | 豊中市 千里中央駅直結の心療内科「杉浦こころのクリニック」

待ち時間の少ない院内処方精神障害に対する薬物療法の意義と役割について

ホーム > 医院紹介 > 精神障害に対する薬物療法の意義と役割について

睡眠薬の分類とその特徴について

睡眠薬の歴史は1880年代に開発されたパルピツール酸塩系に始まります。しかし、パルビツール酸塩系睡眠薬は耐性、依存性を形成しやすく、呼吸中枢を強く抑制し死亡へ至ることもあったため、「睡眠薬は恐ろしい薬」としう印象を社会に植えつけることとなりました。

現在、睡眠薬として使用されるのは、1950年代以降に開発されたベンゾジアゼピン(BZ)系睡眠薬と1980年代以降に開発された非BZ系の睡眠薬がほとんどです。

ここでは不眠の理由、タイプや、代表的な睡眠薬である「ベンゾジアゼピン(BZ)系睡眠薬」、「非BZ系睡眠薬」、「睡眠導入薬」の種類、薬理作用、正しい使い方に加え、服用時の注意事項・副作用などについてご紹介します。

不眠の理由

まず、眠れない理由について簡単に触れてみます。

  • 眠る環境が変わったり、高齢になることで起こる不眠
  • 精神的なストレスなどによる不眠
  • 病気が関係する不眠(例えばむずむず脚症候群(RLS)、体の痛みや、アトピー性皮膚炎などのかゆみ、咳、トイレが近くて起きてしまうなどによる不眠)
  • アルコールによる不眠
  • 薬の副作用などによる不眠
  • 睡眠時無呼吸症候群

逆に、眠れているような気がするが、いくら寝ても眠気が取れない、朝起きられない、だるい・疲れやすいというケースもあります。眠れているのに眠い、だるいという症状の場合は、また別の疾患等が考えられる場合がありますので、医師に相談しましょう。

不眠のタイプ

上記をふまえて、不眠のタイプは以下の4つに分けられます。

入眠障害
なかなか寝付けない、寝付きが悪い
中途覚醒
寝れても、夜中に目が覚めてしまう。さらにそこから寝付けない
早朝覚醒
朝早く、まだ起きる時間ではないのに目が覚めてしまう
熟眠障害
ぐっすり眠れた感じがしない

この4つの症状は、1つだけではなく組み合わさって起きることもあります。

ページトップに戻る

レスポンシブウェブデザイン