医院紹介 | 豊中市 千里中央駅直結の心療内科「杉浦こころのクリニック」

医院紹介医院紹介

ホーム > 医院紹介

杉浦こころのクリニックより

現代人のための「こころを癒し」を専門とするクリニック

いまや、うつ病は約10人に1人はかかると言われている「こころの風邪」であり、決してまれな疾患ではなく、うつ病による自殺者も年間3万人を超えるなど、深刻な社会問題となっています。

故に単なる病気の治療だけでなく、患者様やご家族の置かれている社会的背景や人権等にも配慮しつつ、心理的・社会的な側面からもアプローチしながら、最終的には自殺者を減らしたり、休職者の職場復帰を支援すること(リワーク支援)等により、国民全体の公衆衛生の向上に貢献したいと考えております。

理事長・院長 杉浦 正義(すぎうら まさよし)

現代人のための「こころの癒し」を専門とするクリニック

現代社会は昔に比べて便利で快適にはなりましたが、一方でサラリーマンやビジネスマンなど勤労者にとっては、日々ノルマや競争を強いられ、残業や休日出勤など過重労働による精神的ストレスを受け続けています。

最近、精神的ストレスによる過労死や自殺などが一部で労災として認められるようにはなりましたが、まだまだ経営者が優位であり、勤労者の立場は弱いと言わざるを得ません。

当クリニックでは、主に勤労者の職場での精神的ストレスにより起こる「うつ病・うつ状態現代型(新型)うつ病適応障害、不安障害(パニック障害社会不安障害強迫性障害など)、不眠症神経症」や、精神疾患全般などを対象としております。

治療方針としてインフォームド・コンセント(説明による同意)を得た上で、薬による治療を中心に進めていきますが、薬だけでなく勤労者のメンタルヘルスケア(カウンセリングや認知行動療法など非薬物療法)、休職者の職場復帰支援(リワーク支援)や、現代人の求めている「こころの癒し」にも積極的に取り組んで参ります。

待ち時間の少ない院内処方を原則としています

当クリニックは患者様中心の医療を目指しているため、待ち時間の少ない電話予約制(予約の方優先)と院内処方を原則としています。

※一部当院においていない薬は院外処方となります。

まずはお電話にてご相談下さい

初診の方は必ずお電話(06-6835-3333)で予約をお願いします。

現在、他院へ通院中の方や服用中のお薬のある方は、紹介状 または 「お薬手帳」「薬剤情報提供書」、なければお薬のメモ書き等でも結構ですのでご持参ください。

診療の流れはこちらをご覧下さい。

※一部の方(アルコール依存症・薬物中毒症など)については、受診をお断りする場合がありますので、何卒ご了承くださいますようお願いいたします。

当クリニックからのお願い

  • 皆様が気持ちよく診察を受けていただけるよう、予約を取られた方は、時間に遅れず来院くださいますようお願いいたします。
    13:15、19:15の終了間際の時間でご予約されている方は、遅れそうな場合には必ずご連絡下さい。
    なお、予約なしで来られた場合、診療はいたしますが、お待ちいただく場合がございますのでご了承下さい。
  • 当院で処方させていただいたお薬を紛失された場合、再処方を希望される場合は自費となります。
  • 保険証忘れ、期限切れの保険証の提示は、自費となる場合がございます。その場合、保険証をお持ちいただければ返金させていただきますが、必ず受領書が必要ですので、必ず保管しておいて下さい。
  • 当院は予約診療を原則としております。ご都合により、電話で療養上の相談をされたときでも、電話再診料が必要です。次回の受診時などにお支払いねがいます。
  • 小さいお子様をお連れの方、また同伴の方は、他の患者様の迷惑にならぬようご配慮下さい。
  • 長期休暇の前後は患者様が多数来院されますので、ご家族、上司の方の予告なしのご相談・同伴は事前にお申し出いただきますようお願い致します。なお、診察状況によりましては、同席をご遠慮していただくか、診察の順番を前後させていただく場合がございます。あしからずご了承いただきますよう、ご協力お願い申し上げます。

外観

千里中央駅に直結している(千里ライフサイエンスセンタービル16F)までお越し下さい。

  • 千里ライフサイエンスセンタービル16F

    千里中央駅直結
    千里ライフサイエンスセンタービル16F

  • 1Fロビーよりお入り頂きエレベーターで16Fまでお越しください。

  • 16Fエレベーターホール
  • 当クリニックの入口

受付・待合室

  • 受付

    受付

  • 待合室

    ゆったりお待ちいただける待合室

診察室・処置室

プライバシーに配慮しつつ、明るく解放的な空間で診察を受けていただけます。
 

  • 第一診察室

    第一診察室

  • 第二診察室

    第二診察室

  • カウンセリング室

    カウンセリング室

  • 処置室

    処置室

ページトップに戻る

レスポンシブウェブデザイン