精神症状(不安・緊張が強い) | 豊中市 千里中央駅直結の心療内科「杉浦こころのクリニック」

疾患・症状疾患・症状

ホーム > 疾患・症状 > 精神症状(不安・緊張が強い)

不安・緊張が強い(気持ちが落ち着かない・どきどきして心細い)

Q2.「気持ちが落ち着かない、どきどきして心細い」症状になるのはどうしてですか?

A2. 「気持ちが落ち着かない」「どきどきして心細い」といった症状は、「不安」や「緊張」といわれるもので、誰でも感じる感情の一種です。

何か心配事や気がかりなことがある時、目上の人や初対面の人に会う時、試験の前などにこのような症状を感じることは正常な反応で、別に病気ではありません。原因となる心配事などがなくなれば、症状も自然に消えてしまいます。

問題は、そのような理由がないのに「落ち着かない」「どきどきして心細い」などの症状が起こる場合です。この場合は「病的な不安」である可能性が考えられます。

「病的な不安」は「正常な不安」と違って、理由がないのに生じる、あってもそれと不釣り合いに強い、原因がなくなってもいつまでも続く、などの特徴があります。「正常な安」が危険に備え、問題解決へ向かって行動を起こす原動力になるといった、人間にとって必要な側面をもっているのに対し、「病的な不安」は何らかの精神的・身体的な疾患の徴候である可能性があります。

上記のような症状を感じ、それが「病的な不安」ではないかと思ったら、精神科か心療内科で診断してもらいましょう。その前に予備知識として、不安とはどういう症状か、どんな病気の場合にみられるかについて、ひと通り知っておくのはよいことです。

不安は、精神医学的には「対象のない恐れの感情」と定義されています。似たような言葉に「恐怖」がありますが、こちらは「対象がある場合」に用います(区別しない場 合もあります)。

不安は身体症状を伴っていて、「どきどきする」(動悸)というのもそのひとつですが、ほかにも「胸がしめつけられる」「息が苦しい」「冷汗が出る」「体が震える」「ふらふらする(めまい感)」「手足のしびれ」「脱力感」「頻尿」「のどが渇く」「眠れない」「頭痛」など、さまざまな症状が現れます。

これらは主として自律神経、特に交感神経の働きによるものです。感情と、交感神経、副交感神経などの自律神経の働きは、脳の中で密接に関連しているからです。

不安にはいろいろな種類があります。急性、突発性の強い不安をパニック(繰り返す場合はパニック発作)といいます(不安発作ともいう)。「パニック障害」で典型的にみられる不安症状で、突然理由もなく強い不安に襲われ、胸がどきどきする(動悸)、脈が速くなる(頻脈)、胸苦しさ、息苦しさ、めまいなど、上に述べた身体症状も同時に襲ってきて、今にも死んでしまうのではないかと思うほどです。

ただし、時聞がたつと自然に消えてしまいます。
発作が繰り返される場合は、「また来るのではないか」という不安が生じ(予期不安という)、そのため発作が起きた時そこから逃げられない、助けてもらえないような場所や状況を恐れ避ける「広場恐怖」という症状が伴ってきます。

これは「恐怖症」という不安障害の一種にあたります。恐怖症には、ほかに「社交恐怖(人前で異常に緊張し、恥をかくことを恐れる)」「特定の恐怖症(高所、閉所、動物、暗闇など、特定の対象や状況を異常に恐れる)」があります。

パニック発作とは対照的に、それほど強くない不安が慢性的に続くタイプの不安症状もあり、全般性不安といいます。全般性不安は、全般性不安障害の場合に典型的にみられます。そのほか強迫性障害PTSDなども不安障害に属する精神疾患で、それぞれ特徴的な不安症状が現れます。

不安障害は不安を主症状とする精神疾患のグループで、パニック障害がその代表的なものですが、上に挙げたもののほかに、不安障害の中には一般身体疾患や物質などが原因で起きる疾患もあります。

原因となる一般身体疾患は、甲状腺機能亢進症や低血糖などの内分泌疾患、心不全、肺塞栓症、不整脈、慢性閉塞性肺疾患(COPD) などの心血管系・呼吸器系疾患、前庭機能不全、脳炎などの神経系疾患などで、原因となる物質はカフェインや覚せい剤その他違法薬物の中毒、アルコールや医療で投薬された鎮静剤、睡眠薬、抗不安薬などを急にやめた時に生じる離脱症状などです。

これらは、見かけは不安という精神症状でも、原因は身体疾患や物質によるものですから、きちんと検査・診断してもらうことが大切です。場合によっては、直接命にかかわってくるからです。医師を受診した時は、薬物を摂取していたことを必ず報告するようにしてください。

不安症状を呈する精神疾患は、不安障害のほかにもたくさんあります。不安症状のない精神疾患はないといってもよいでしょう。中でもうつ病統合失調症では、不安が主症状である場合もあります。うつ病ではしばしば焦燥(いらいら、あせり)、苦悶(苦しい)、罪責感、絶望感などが、うつ症状と入り混じった形で現れます。統合失調症では、妄想気分、被害妄想、幻聴など、特有の精神病症状に伴う不気味で深刻な不安感が体験されます。

そのほか、心気症(身体表現性障害)では体や病気に対する過剰な不安がみられます。ストレスに対する反応である「適応障害」では、不安症状はうつ症状とともに、最もありふれた症状です。また子どもに特有の不安障害として、親や愛着のある人から引き離されることへの強い不安を示す「分離不安障害」があります。

【今考えられる病名】
パニック障害」、「社会不安障害(SAD) 」、「全般性不安障害(GAD) 」、「強迫性障害(OCD) 」、「PTSD(心的外傷後ストレス障害) 」、「うつ病・うつ状態」、「適応障害」、「統合失調症」、「身体表現性障害

ケース2. 怖くて電車に乗れない

【大学生K さん(21歳、女性)の場合】

バイトと大学のレポートの2つが重なって大変な時期がしばらく続いていました。電車に乗っていろいろと考えていたときです。突然、心臓がドキドキし始め、脈が速くなり、空気がうすくなったような感じがして、息をいくら吸っても窒息しそうな気がしました。そのうち手足がしびれて苦しくて死ぬのではないか怖くなりました。とても耐えられなくて途中の駅で降りてしまいました。

それからというもの、また発作が起こるのではないかと心配になり、電車に乗るのがとても怖くてたまりません。以前は何とか乗れていたのですが、今ではほとんど毎日のように途中下車してしまいます。バスも怖くて乗れません。

心臓が悪いのかと思って病院で検査を受けたのですが、とくに異常はありませんでした。そこで勧められてメンタルクリニックを受診しました。精神科主治医の診断は「パニック障害」でした。

クリニックでは、お薬とリラクセーション法を習っています。少しずつ改善して、今でもときどき不安にはなりますが、何とか電車に乗れるようになりました。

ページトップに戻る

レスポンシブウェブデザイン