職場復帰支援(リワーク支援) | 豊中市 千里中央駅直結の心療内科「杉浦こころのクリニック」

職場復帰支援(リワーク支援)職場復帰支援(リワーク支援)

ホーム > 職場復帰支援(リワーク支援)

うつ病は治りにくい病気と思われがちですが、適切な薬物治療によって回復することができます。うつ病で休職していた人も、症状が改善したら職場復帰することになります。
しかし、治療に専念していた環境からいきなり職場復帰するのは、体力的にも精神的にも容易ではありません。スムーズな職場復帰を果たすにはそれなりの準備が必要になります。また、職場復帰には職場との調整や連携が欠かせません。職場復帰後の再発や再休職を防ぐためには、自分の病気に対する理解を深め、セルフケアの方法を身につけることも必要になります。

職場復帰までの道のり

あせらず、急がず、4つの時期(治療専念期、リハビリ期、職場復帰準備期、職場復帰後)に応じた準備が必要です。

職場復帰までの道のり

1.治療専念期(仕事や職場復帰のことはまだ考えず、治療に専念)

主治医に「うつ病のため自宅療養が必要」と診断されてから、「症状が改善しはじめてきた」と判断されるまでの期間が治療専念期です。気分の落ち込みやゆううつな気分、やる気が出ないといった精神症状や、頭痛、めまい、肩こり、動悸などの身体症状が現れます。この時期は、仕事のことは忘れて、じっくりと治療に専念することが重要です。

<自宅療養>

何もする気がおきない時期は、無理をせずに自宅で休養して、心身を休めましょう。のんびりとリラックスして、自然に気力が回復してくるのを待てばよいのです。

●休職前、治療専念期に職場に確認しておきたいこと
じっくりと自宅療養するためには、働いている職場にどのような休職制度があるか、また休職中の身分保障や給与などについて確認しておくと安心です。家族やまわりの人のサポートを得て、職場の人事・労務担当部署などにたずねてみましょう。
傷病手当金について>>

ページトップに戻る

「リワーク」についてのブログ

リワーク(復職)支援

リワークプログラム(院長ブログ)

リワークのガイダンス

リワーク支援について

リワーク・プログラム(セルシーブログ)

ページトップに戻る

レスポンシブウェブデザイン