千里中央駅について(その4) | 豊中市 千里中央駅直結の心療内科「杉浦こころのクリニック」

千里中央駅について千里中央駅について

ホーム > 千里中央駅について

千里中央駅について(その4)

Ⅳ.利用状況

  • 北大阪急行:2012年度の一日平均乗降人員は87,834人(北大阪急行電鉄の駅では最多)
  • 大阪高速鉄道:2012年度の一日平均乗降人員は33,891人(大阪高速鉄道の駅では最多)

Ⅴ.歴史

  • 1970年(昭和45年):2月24日…北大阪急行電鉄の駅が仮設駅で開業。
    9月14日一会場線が廃止され、現在の駅が正式開業。
  • 1990年(平成2年)6月1日…大阪高速鉄道の駅が大阪モノレール線当駅- 南茨木
    間開通と同時に開業。当初は終着駅でした。
  • 1994年(平成6年)9月30日…大阪モノレール線が当駅から柴原まで路線延伸、中
    間駅となります。

Ⅵ.隣の駅

北大阪急行電鉄(北大阪急行南北線)

千里中央駅(MO8)- 桃山台駅(M09)

  • 1970年の会場線開通時には、万国博中央口駅が存在していました。
  • 現在、新箕面駅・箕面船場駅(いずれも仮称)方面への延伸計画が存在します。

大阪高速鉄道(大阪モノレール線(本線))

少路駅(14)- 千里中央駅(15)- 山田駅(16)

ページトップに戻る

レスポンシブウェブデザイン